So-net無料ブログ作成
検索選択

「忍びの国」の あらすじネタバレ!大野智主演映画で原作者は和田竜! [映画]

大野智さん主演の映画である「忍びの国」が2017年の夏に公開されることが発表されましたね。

大野さんと言えば、今放送中の日本テレビ系列のドラマの「世界一難しい恋」で主演として大活躍中です!

それに続いて映画の主演ともなれば、相当ファンにとっては嬉しい朗報ですよね。

同じ嵐の二宮和也さんは昨年の2015年に吉永小百合さんとの映画で大活躍でしたが、次は二宮君の番ということになりそうです。

ではその、「忍びの国」というのはどのような映画なのか、あらすじのネタバレ等を今回は紹介します!

映画「忍びの国」の あらすじネタバレ


ninja_kaginawa.png


実は、忍びの国については、新潮社より2008年に小説として発売されているんです。

さらに、小説だけではなく、コミック化まで果たしている程の人気です。

さっそく、忍びの国のあらすじのネタバレをお伝えしようと思います。

気になるそのあらすじですが、忍びの国は、史実である「天正伊賀の乱」を舞台としてお話しです。

戦国時代の歴史好きにとっては、たまらない内容です。

ちなみに「天正伊賀の乱」について紹介すると、これは伊賀国で起こった戦のことであり、織田氏と伊賀惣国一揆との 戦いの総称が「天正伊賀の乱」になります。

そこで伊賀ナンバーワンの腕を持つ忍びでありながら、無類の怠け者でかつ、金の亡者である「無門(むもん)」が主役です。

つまり大野くんは、この無門役ということなのです。

原作通りであれば、まず無門の奥さんである「お国」から稼のなさ等、日頃から咎められたり、責められることが嫌になってしまいます。

無門は、そこで、褒美目当てに百文を手に入れるために、他家の伊賀者を殺めてしまうほどの金の亡者です。

そんな中、織田信長の次男である織田信雄率いる軍と、伊賀の忍びによる軍による壮大な戦争が起こることとなります。

そこに、知らず知らずの内に無門が巻き込まれ行くというストーリーになります。


忍びの国の公式サイトやTwitterでは、随時最新情報が配信されるので、お暇なときはチェックすることをオススメします。

公式サイト:http://www.shinobinokuni.jp/

公式Twitter:https://twitter.com/shinobinokuni


無門は、金の亡者で怠け者という癖のある人物ですが、大野くんならば、かなり上手く演じてくれそうですよね。


大野君と言えば、怪物君等々、かなりユニークな役をこれまでこなしてきましたが、今度は戦国の世を舞台に新たな役回りを楽しませてくれそうです。


あと、そうそう、この忍びの原作者なんですけれど、和田 竜さんという作家さんが書かれています。


最後に和田さんについて紹介しておきますね。

忍びの国の原作者 和田竜って?


job_sakka.png


和田竜先生については、出まれは大阪ですが、主に育ったのは広島です。

1969年に生まれて、現在47歳になります。

あと、実は和田竜先生の小学校と中学校の後輩として、人気女優の綾瀬はるかさんがいます

大学は早稲田大学出身であり、大学卒業後の就職にはTV番組を作る等の製作会社で働いていました。


しかしながら、3年で制作会社を去ります。


制作会社時代には、豊川悦司さん主演の「愛していると言ってくれ」や、常盤貴子さん主演の「理想の結婚」にADとして参加していたようです。


次に、新聞社(ファッション・繊維業界専門)に就職。

そして当時の夢であった脚本家目指して執筆活動を続けます。

そこで、2003年、独自の脚本である「忍ぶの城」が「第29回城戸賞」を受賞!

それによって、一気に有名になります。

ちなみに、野村 萬斎さん主演の映画「のぼうの城」は、この「忍ぶの城」をノベライズとして執筆されたものになります。

そして2014年には、「村上海賊の娘」にて本屋大賞を受賞し、「村上海賊の娘」は、和田先生の代表作となりました。

勢いはまだまだ続き、飛ぶ鳥を落とす勢いで第35回吉川英治文学新人賞に加え、第8回親鸞賞を受賞。

第27回山本周五郎賞の候補作になったことさえあるほどです。


そんな実力を持つ和田先生の作品にハズレなし!といっても過言ではないですが、今回の忍びの国については、2008年に出版されています。


意外なことに、和田先生は、これまで、「のぼうの城」、「忍びの国」、「小太郎の左腕」、「村上海賊の娘」という4作品しか小説はありません。

今回の「忍びの国」は「のぼうの城」に続く映画化ということもあり、大変期待されています。

大野くんが後は、どのように作品に味付けをしてくれるのか非常に楽しみですね!


是非、2017年の夏公開を楽しみに待ちたいですね。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。